野球キャッチャー肘や肩痛い時はどうすればいいか調べた

肘や肩を痛めない捕手の送球練習方法とは

 

大学野球部でキャッチャーをやってますが、野手出身なので勝手が全然違うため毎回戸惑いながら手探りで頑張ってるなか最近肘や肩が痛くて仕方ない。送球方法に何か問題があるのか・・自分なりに調べた。

 

投手とは違う投げ方が必要ですが、力だけで投げれば・・

 

当然肩や肘が痛くなる・・キャッチャーって9人のなかで唯一座った姿勢から立ち上がり送球するという身体的な負担がありますよね〜

 

例えば盗塁時の送球は、塁上30〜40センチ位に球が行けば良しとする。事前に球筋含め自分の肩の強さなどをあらかじめ把握しておくことも大事だけど投手の頭上のこの辺りに投げれば目標とする場所に行くなぁという意識づけが大切らしい・・。

 

野球キャッチャー上達法〜肘や肩痛い時の良いコツ〜

 

 

合わせてしっかり握れなかった時の為に、少し高めに設定すること、ピッチャーの投球が右に逸れたときのためには、少し左に設定して投げる意識を持つことも大事らしい。

 

いずれも、送球先へ投げる際必ず左肩がそこへ向くことから左足を少し前に出して構えることで投げやすく肘や肩への疲労軽減に結果的に繋がるらしい。

 

まぁ理屈では分かってるつもりなんだけど、これがなかなかできないのはやはり頭に完全に染みついてないからかな〜?この辺もう少しシンプルに見て分かるお手本とか無いかな・・?

 

 

なんといってもキャッチャーがなかなか上達しない私達は・・

 

実はこうした送球のテクニックやコツなどにまだ疎かったりするもの。自分なりに調べてはみるものの、情報多いけど自分に合った手とり足とりな良いものが毎回出てくるとも限らないし、そもそも何かと忙しくて1つ1つ丁寧に調べてる時間も余裕も無かったりする。

 

だからこそ、今の自分達に必要なのは効果的な肘や肩を痛めない捕手の送球方法も含め都度、目で見てシンプルに理解でき即上達に結びつくようなプロの教えや極意というべき・・キャッチャー上達に特化した自分だけのお手本などの存在をいち早く見つけ出し、そこから愚直に学ぶことが最短の近道かもしれないですよね〜お互いに頑張りましょ^^

 

 

 

元・千葉ロッテマリーンズ捕手・定詰雅彦さんがあなたを徹底指導!

 

「ミスをしない守備の要」になれるキャッチャー上達方法がDVD2枚組に詰め込まれてます。

 

私もこのDVD見ましたが・・ピッチャーが有利になるキャッチング、ランナーをアウトにできる送球方法などはもちろん、バッターの癖や1球ごとのバッターの様子を見抜く、確実なバント処理、確実なキャッチャーフライ処理についても、定詰さんの指導は非常に丁寧で分かりやすく、これなら短時間でキャッチャーとしてレベルアップができると実感しました〜今モチベーションがすごく上がってます!

 

あなたも毎日単調な練習で上手くなれる実感がないなら・・、ぜひこのDVDを見て定詰さんのキャッチャー技術で一緒にレベルアップしていきましょうよ!

 

ちなみに180日間メール相談&返金保証付きなのでここも安心です^^

 

⇒もっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

 

 

マクドナルドって最近スマホのアプリでクーポンとかあるからそれを見て安いやつを買ったりとかすること多いけど、知らないで買うより若干お得だからいいよね。そういえばマクドナルドの裏技っていうかいろんなの結構あるみたいね〜。ビックマックとかよく食べるけど店員さんにお願いすると半分に切ってくれたりとか、箱に入れるんでなくて紙で包んでくれたりとかするんだって。あとピクルスも多めに入れてくれるとか知らなかった。まぁ多めっって言っても、1枚多くなるだけ!?ピクルスダメな人も多いけど、自分はあの変わった味が大好きです^^変わった味で言えば・・パクチーってどう?自分は木の根っこの味に似てて(食べたことないけど)ニオイだけで無理。物珍しさに、パクチーのチップ2つ買って改めてダメだと思い知らされた汗

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る